ストーンペーパー印刷HOME  >  入稿データ作成ガイド

サイズ別商品一覧

入稿データ作成に関する注意点などをまとめましたので、ご参考ください。


データ作成について テンプレートダウンロード データ作成時の注意点 対応アプリケーション よくある不備データ


データ作成について

例:A4ストーンファイル®
■ ストーンファイル®印刷データの展開図内の赤い部分は加工部分(溶着面)ですので文字や絵柄が見にくくなります。 特に文字は赤い部分では大変見づらくなりますので、なるべく避けるようにお願いします。注意事項が各テンプレートデータに記載されていますのでご確認お願い致します。

データ作成時の注意点

当社では完全ストーンファイル®印刷データにて入稿していただきます。出稿時には必ず最終チェックをお願いします。

■Illustratorについて

テンプレートデータをご使用ください。
ストーンファイル印刷データは、全ての文字にアウトライン処理を行ってください。アウトライン処理を忘れた場合、再入稿していただきますのでご確認ください。
罫線は「塗り」を透明に、「線」に着色してください。罫線の指示が「塗り」だけで設定されているとモニタでは表示されますが、印刷では反映されません。また、線幅は0.2pt以上で設定してください。線抜けが原因で再印刷の料金はお客様の負担となりますので、データ作成上で必ず留意してください。
ブラック100%にオーバープリントが自動的に適用されます。適用したくない場合はK100%+C1%など他の色を1%設定してください。
オーバープリント設定に関しては、お客様がモニターでご覧になっている状態を保証できませんので、ブラックのみに適用してください。(全てのオブジェクトを選択し、オーバープリントを解除する。)
配置データも必ず添付してください。
余分なスポットカラーは使用せず、消去してください。
まわりに余分なオブジェクトを配置しないでください。
保存形式はEPS、またはPDF/X-4で配置画像を含めて保存してください。


■Fontについて

すべてのフォントにアウトライン処理を行ってください。アウトライン処理をしないと別のパソコンで開いた際、初期設定されているフォントや、近いタイプのフォントに置き換わってしまいます。アウトライン処理とは、テキストデータを図形化(パス化)することで、フォントが無い別のパソコンで開いてもそのままの形で表示することができます。


アウトライン化

・アウトライン処理の方法

レイヤーのロックをすべて外します。
メニューの「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択します。
メニューの「選択」→「すべてを選択」を選択します。
メニューの「書式」→「アウトラインを作成」を選択します。
すべての文字がパス化されます。

注)アウトライン化された文字内容の編集はできませんので、アウトライン化前のデータを別名保存しておくことをおすすめいたします。

・孤立点のチェックをしてください。
孤立点とは見た目には何もないように見えますが、データ上に存在する点のことです。文字ツールやペンツールでクリックした時にできたり、パスのアンカーポイントの消し忘れ等で残ってしまったりします。
この孤立点が出力の際にトラブルの原因となってしまう場合がありますので、削除してください。
・孤立点の削除の方法
レイヤーのロックをすべて外します。
メニューの「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択します。
「選択」→「オブジェクト」→「余分なポイント」を選択します。これで孤立点が選択されました。
このとき、点のみで作成されているものはすべて選択されています。
必要なものが選択されていないか十分にご確認のうえ、削除してください。


■バーコードについて

商品にバーコード(JANコード、郵便バーコード、QRコードなど)を入れる場合は、見当ズレ防止のため、カラー設定をブラック100%で作成してください。(複数色が入っている場合、100%でない場合は再入稿していただきますので、ご確認ください。)


■その他注意事項

出力確認のため、データをJPEG形式にして、校正見本として必ず添付してください。(ハードコピー、PDFは不可)
データ不備・納品先不明・入金確認後等のトラブルが発生した場合、納期が遅れることがございます。
ストーンファイル®印刷データのバックアップは必ずとってください。
不要なデータは添付しないでください。
塗り足しは必ず3mm考慮してください。仕上げの断裁時に必要になります。
Illustrator・Photoshopのカラープロファイルは自社専用のストーンファイル®のプロファイルに変換されます。ご了承ください。
色に関しては当社カラーチャートをご参照ください。


対応アプリケーション

■使用ソフト Illustrator 8.0J・9.02J・10J・CS・CS2・CS3・CS4・CS5・CS6・CC・CC2014


■Illustrator9.02での入稿注意点
※属性パレット内にあるアウトプットを800に設定してください。バージョンダウンして8形式でも保存できますが、不具合の原因になりますので保存はバージョン9形式で保存してください。
※透明効果、グラデーションを使用している場合、使用されているオブジェクトを選択する。透明効果を使用している場合は、オブジェクト→透明部分を分割・統合する。グラデーションを使用している場合は、オブジェクト→分割・拡張の処理を行ってください。処理のない場合、不具合が起きる可能性があります。必ず処理を行ってください。


■Photoshopについて
<Photoshopで作成した画像の保存方法>
保存形式…EPS
プレビュー…Macintosh 8-Bit/pixels(Macの場合)
     …TIFF 8-Bit/pixels(Windowsの場合)
エンコーディング…バイナリ もしくは JPEG-最高画質(低圧縮率)
その他の項目にチェックを入れないでください。


画像は適切なサイズにしてください。画像は原寸サイズで300~350dpiにしてください。線画は2階調モードで原寸サイズ、1200dpi。これ以上解像度をあげても印刷の仕上がりは変わりません。
その際、必ずCMYKに変換してください
プロファイルは埋め込まないでください。


<Photoshopテンプレートを使用してデータを作成した際の保存方法>
保存形式…PhotoshopPDF X-4


PDF保存する際、レイヤーを統合してからPDF保存を行ってください。
プロファイルは埋め込まないでください。

よくある不備データ

●プロセス版について

 ■ 特色を使用している

特色

プロセスデータに関しては、特色を使用しないでください。必ずプロセスカラーに分解して入稿してください。特色を使用している場合、スウォッチウィンドウに特色のスウォッチが表示されます。
特色を解除する場合は、スウォッチオプションを開き、カラータイプを「特色」から「プロセスカラー」に変更してください。 

 ■ へアラインがある

ヘアライン

ヘアラインとは、ここではいわゆる「印刷できない線」を指します。
パスで作成された線の色を塗りの設定で指定すると、画面上やプリンタで出力した場合には表現されますが、実際に印刷すると非常に細くなり、見えなくなってしまうためトラブルの原因となります。
線の色を設定する場合は、必ず線の設定で色を指定してください。

 ■ 文字のアウトラインがかかっていない

文字データはアウトライン化して入稿してください。アウトラインを行わないと、別のパソコンで開いたときに文字が別のフォントに置き換わってしまうことがあります。アウトライン処理の方法はこちら

●その他

 ■ 塗りたしがない、仕上がり位置で文字等が切れてしまう

塗りたしがないと、仕上がりサイズに断裁する時に生じるわずかなズレによって、PPの色(透明)が見えてしまいます。それを防ぐために塗りたしを3mm以上付けていただく必要があります。
また仕上がり位置ギリギリに切れてはいけない文字等を配置すると、こちらも仕上がりサイズに断裁する時に生じるわずかなズレによって、切れてしまう可能性があります。それを防ぐために、文字等は仕上がり位置より3mm内側に配置してください。

 塗りたし

 ■ 溶着部分に文字等がかかっている

 溶着

ストーンファイル®下部の溶着部分に印刷をすることは可能ですが、文字等を配置すると非常に見えにくくなってしまうため、見せたい文字などのデザインがかからないようにしてください。

 ■ センターのズレ

センターズレ

ストーンファイル®のセンター(折り目)の部分よりデザインがはみ出していると、製品になった際に表面のデザインが裏へ回ってしまうなどきれいな仕上がりになりません。表と裏でデザインが分かれているものは、センターのズレがないようにお願いいたします。

 ■ 画像の解像度が低い

画像を配置する場合、300〜350dpiで作成したものを原寸サイズで配置してください。低解像度の画像は印刷すると非常に粗くなるため、印刷には適していません。

■ 色設定がRGBになっている

印刷はC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色のインキを使用するため、データのカラーモードもCMYKモードの状態で作成してしてください。
RGBカラーはモニターなどの色表現に使われる、Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)の掛け合わせによって生成される色で、印刷時にはCMYKデータに変換する必要があります。RGBはCMYKよりも色の領域が広く、変換の際CMYKでは再現できない色は近い領域の色に置換えられてしまうため、全体の色目が大きく変わってしまいます。(色がくすんだ感じになります。)
そのため、あらかじめデータはCMYKモードで作成してください。

■ 画像にプロファイルが埋め込まれている

画像を配置する場合、必ずCMYKで作成し、プロファイルを埋め込まないでください。

 ■ 色の濃度にばらつきがある

濃度差

同じ黒でも、K100%の黒とCMYK混在の黒(例:C:80,M:80,Y:80,K:100)ではCMYK混在の黒の方が濃度が濃く、同じ黒と言えど色の違いが出てしまいます。同じ色にしたい箇所は同じ濃度になるよう、注意して作成してください。


 ■ オーバープリントの適用

オーバープリント

弊社の製版システム上、K100%の箇所はオーバープリントが適用されます。オーバープリントが適用されると、下の絵柄や写真が透けてしまうため、適用したくない場合は、K100%+C1%など他の色を足してください。

 ■ ai、psd形式データでの入稿

データの入稿形式は、pdf形式もしくはeps形式でお願いいたします。psdもしくはaiの形式のままでは、製版に進むことができません。
pdfの場合、PDFプリセットは必ずPDFX4で書き出ししてください。
※PDFX4で書き出す理由として、X4では透明効果やレイヤー機能を使用でき、デザイン効果を最大限に発揮することができるためです。

ページの上部へ